*

エアコンが臭い!!業者を呼ぶ前にやっておきたい3つの裏技

エアコン掃除ってどのくらいの頻度でやっていますか?
うちのエアコンはお掃除機能のついてるエアコンだから掃除しなくていいの!なんて思っている方、残念ながらそれは誤った解釈です。お掃除機能のエアコンといえども掃除しないでいいわけではありません。エアコンのお掃除機能の掃除範囲はせいぜい※フィルターの埃を取る程度です。サポート程度に考えておくのがベストでしょう。
※機種によっては埃のダストボックスを掃除しないと詰まってしまい、故障の原因になります。

■カビ臭い原因

エアコンから出てくるカビ臭さはほぼ100%エアコン内部にカビが生えている状態です。エアコンの内部は、室内の空気をエアコンに取り込み設定温度に見合った空気にして排出します。その時にエアコンの内部には室内に浮遊している埃やチリも一緒に取り込むのでエアコンの内部はカビにとって最高の環境が整っています。

カビと言っても、お風呂の隅の方にいるアカカビ、パン・果物に生えるアオカビなど色々な種類のカビがいます。ブルーチーズなどの食品でも使われるカビを入れたら現在だけで約80,000種以上のカビがいるといわれています。その中でエアコンに取りついているカビは、クロカビと言って一般的に室内に多く検出されるカビになります。
そのクロカビの発生条件には下記の条件が当てはまります。

・温度 20~30℃

春~秋にかけて日本の平均気温がこのくらいなので、通年を通してカビは生えやすい状態なのが分かります。

・湿度 80%以上

人が生活する上で、快適だと感じる湿度は約60%前後なので雨の降った日などには90%を超えます。カビの繁殖にはもっとこいですね。

・養分が豊富

カビの養分にあたるのは、埃やチリも該当します。エアコンの内部に空気を取り込む際に必ず埃なども一緒に入るので、掃除をしていないエアコンの内部はカビのエサだらけです。

■カビによる病気

カビが多く存在する部屋にいる事で、喘息やアトピー性皮膚炎になりやすくなります。カビの胞子が傷口に入れば、皮膚病にもなる原因になります。これだけでも恐いですが、最近ではアスペルギルス・フミガータスというカビが日本だけでも年間1000人もの人に感染し命を落としている恐ろしいカビがいます。クロカビと同じ様な環境を好んで生息しているため、エアコンの内部にも十分生息していることが考えられます。免疫力の低い小さな子どもや年配者はもちろんのこと全ての人が感染する可能性があります。

■自分でできるエアコンの掃除方法

・準備するもの
水拭き用と乾拭き用の雑巾、
家庭用掃除機
エアコン用洗浄剤
※開始前にしっかりエアコンのコンセントを外すことを忘れずに。

STEP 1 エアコンのフィルター掃除

どのエアコンの取扱説明書を見てもフィルター清掃の推奨を書いているほど、エアコンのフィルターを綺麗にすることは必須になります。カビの臭い対策だけでなく、電気代の節約にも繋がるので面倒臭がらずに行なっていきましょう。
まず、フィルターは久しぶりもしくは初めて掃除を行う場合はフィルターの目が詰まっている場合があります。無理に取ろうとしたり、外側から水などを勢い良くかけると目詰まり悪化やフィルターが破れるおそれがあります。汚れが酷く、水洗いだけではダメな場合には台所などで使用している中性洗剤を薄めてフィルターを浸け置きしましょう。つけ置き後は、水で流しながら柔らかいブラシで撫でるように汚れをとってあげましょう。
その後は、影干しでしっかり乾かしましょうね!

STEP2 エアコンカバー掃除

カバーについている埃やカビ、汚れを雑巾で綺麗にしましょう。ここの掃除を忘れてしまったらせっかく綺麗にしたフィルターが埃まみれになってしまいます。

STEP3 エアコンルーパー掃除

エアコンのルーパーとは、エアコンの風向きなどを調整する羽根です。この部分、以外に汚れが溜まりやすい部分です。。。手の届く部分でもあるので、水拭きしてしっかり埃汚れを取りましょう!その後は、乾拭きを忘れずに!!

■エアコンのカビ防止方法

エアコンを綺麗にして満足してはいけません。掃除をした後は、またカビ臭いエアコンにならない様に対策が必要です。まずは、エアコンを使用している時にできるエアコンのカビ予防策をご紹介します。
エアコンを使っているときは、当然ながら暑いから涼しく 又は 寒いから温かくするために使います。そうした時にエアコンの内部は、結露しています。これは、カビが大好きな水分量の多い環境になっています。その証拠に水まわりのお風呂・キッチン・洗面所はこまめに掃除しないとあっという間にカビが生えます。
結露したエアコン内部は湿度が高いことが原因です。湿度は、空気中つまり気温によって蓄えられる水分量が異なります。温度が低い場合は、蓄えておける水分量が少ないため結露しやすく、温度が高い場合は、空気中の蓄えられる水分量は多くなります。窓を開けて室内にいる水分を多く含んだ空気を入れ替えるだけで、カビの発生や冬場の結露の防止になります。

また、エアコンの電気代(消費電力のみ)は6畳用で、約300円/日ほどの電気代がかかり、フィルターが汚れた状態であれば負荷がかかりそれ以上の電気代が発生します。
エアコンの内部を綺麗に保つためには、空気を取り入れる玄関口のフィルターが常に綺麗である必要があります。ちなみに、稼働しっぱなしの夏冬のエアコン使用時間は平均で8時間以上。少なくとも2週間に1回はフィルター清掃をしなくてはいけません。これは、多くのメーカーが推奨するフィルター清掃の目安になります。全然エアコンを使わない時期でも、冬や夏が近づいたらエアコンのフィルターをチェックして汚ければしっかり掃除をしましょう。

エアコンの内部でも綺麗になりにくい部分はあります。それは、フィルターの奥にある熱交換器です。ここに関しては、自身で無理に掃除をしようとするとエアコンが故障します。最近のエアコンは色々な機能が付き複雑な作りになっているので、気を付けなければいけません。

できるだけ内部まで綺麗にしたいのであれば、間違いなく業者さんにお願いしましょう。エアコン内部は、たくさんの配線や部品などで構成されているため自分でやって失敗しては大変です。何万円という修理代がかかり結局新品を買うハメになります。

エアコンを365日毎日付けているお家は少ないかと思います。夏や冬など外の気温との差が激しい時ほどエアコンの内部は汚れやすくなるので、是非こまめにお掃除していきたいものですね!

ちなみに、ハートクリーニングではただいまエアコンクリーニングキャンペーンを実施中です!通常13,800円のところ今だけ8,800円!!また、2台お申込みの方は2台目以降が6,800円とさらにお安くなっています!是非、夏のオンシーズンに入るこの時期にプロのエアコン掃除をご活用ください!
※予告なく、料金が変更される場合があります。予めご了承下さい。
詳しくはエアコンの徹底洗浄サービス

一緒に読むと役に立つお掃除豆知識

1417ce24108d475e9b680f22834e3313_s

これからの季節に知っておいてほしい!
エアコンと合わせて使いたい除湿機のキホン!

エアコンにもある除湿機能ですが、梅雨の時期になるとそれだけでは部屋の中はジメジメしがちです。 除湿

記事を読む

1000

手軽にエアコン掃除!これで1シーズン1000円以上節約できる裏ワザ

暑い季節になると常に使うのは【エアコン】。そんなエアコンのお掃除を自宅でやったことありますか? 掃

記事を読む

1313_aircon-(3)

夏こそ実践!設定温度28度でも驚くほど快適に過ごせる裏ワザ

これからの季節、必ずと言っていい程どこのお家やオフィスでも使われるエアコン。連日の猛暑となればその稼

記事を読む

so 049

梅雨のお風呂場に大増殖!カビを食い止める為の3つのポイント

毎日のお掃除に一手間加えるだけ! 梅雨時のこの季節。頭を悩ますのはカビ事情ですよね?これからの季節

記事を読む

daikin

エアコンに染み付いてしまったイヤな臭いを掃除で取る為の3つの方法

関東は、もう時期梅雨が開けるのかとても暑い日が続いていますが皆さんのご家庭はエアコンを使い出していま

記事を読む

a0002_005967

エアコン掃除は【室外機】もセットで綺麗にお掃除!!

エアコンは、お部屋にある「室内機」と外にある「室外機」の二つが一緒になって役目を果たします。 多く

記事を読む

lgf01a201501111600

すぐにでも実践したいエアコンの裏ワザ&エアコン掃除を劇的に楽にするためのお掃除グッツ2選(1000円未満)

エアコンの掃除って大変だし、高い所にあるから何かと億劫になりがちですが、やらないとカビや汚れのイヤな

記事を読む

PAGE TOP ↑