*

換気扇掃除のタイミングは年末じゃない!?もっとラクにできる方法とは?

換気扇は夏に洗いましょう!

換気扇などしつこい油汚れのお掃除は、夏にやった方が格段と「ラク」に掃除ができるって知ってました?

換気扇の掃除のめんどくさいところ

  • 高い位置にあること
  • なんか複雑そうなところ
  • あまり見えないから「まぁいっか~」ってなって、いざ掃除するときに大変なことになってること

so129

うん、できれば換気扇掃除ってやりたくない!そんな換気扇掃除を少しでもラクにしてくれる「夏」。なにがラクなのかというと…

夏は何もしなくても油が浮くのです!

冬は油汚れがガッチガチに固まっていて、お湯につけて油を浮かせるのに時間がかかる。でも夏は気温の高さで油がすでに浮いているから油よごれがすぐに落とせるってわけ。

夏、キッチン周りがベタベタしているのは「今掃除をしましょう」のサイン。お庭があるご家庭なら、各部品を外にポーンってしておくだけで油が浮いてきます。

1時間くらいたったらジャーって洗っちゃえば落ちる落ちる!年季の入った汚れなら、洗剤をスプレーしてラップをかけてから外に出しましょう。
洗った後も夏ならすぐに乾く!!これもポイントです。

0000

換気扇掃除のオススメ洗剤

洗うときには何を使う?

みんな洗剤はどんなものを利用してるのか、ちょっと調べてみました。

  • 市販のキッチン洗剤(普段使っているもの)
  • 重曹+お酢弱(アルカリ性と酸性(食酢)が反応し炭素ガスとなりニオイも除去)
  • オレンジオイル入りの洗剤(溶解力と浸透力に優れている!)
  • 米のとぎ汁(デンプンの力で油汚れが落ちる。ただし殺菌効果はない。)

自宅にあるものでできるのが嬉しいですね。

小麦粉で換気扇がキレイになる!?

4902110320664
米のとぎ汁と同じで、デンプンが含まれる小麦粉には油汚れを落とす効果があります。 油を浮かせてから小麦粉を振りかけて放置しておくと、油を小麦粉が吸い取ってくれるようです。

吸い取ってくれた小麦粉はポロポロ固まって落ちやすいから嬉しい。 熱湯で洗い流して雑巾で拭くだけって…これ、簡単で環境にも良くていいですね。

小麦粉は天ぷら等に使用した後、どうしても残っちゃうし、それをまた次回使うのも嫌だし。そんな時はついでに油汚れを落とせば一石二鳥です!

 

この夏是非、換気扇のお掃除、チャレンジしてみてください。

一緒に読むと役に立つお掃除豆知識

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑